儚くも大らかに 君は笑った

もう手遅れなジャニヲタのブログ

キミには完敗です


“もうダメだ武器は捨てよう、
降伏しよう、
白旗を揚げよう”

そんなことを思った7月3日


7月に入ると同時に謎のアカウントANTIMEができ結成したのが2日後の3日、正午

正午になる数分前
「よーし、準備できた。」と、君が投稿した


その瞬間私の中に颯くんの声が聞こえてきた
幻?幻聴?

いや、絶対聞こえた

心の中で颯くんの声が木霊した、、、、


うわぁぁあぁぁぁぁぁああぁぁぁ!!!って叫びたくなった
やけに心がザワザワした


ANTIMEはただの辞めジュグループだと思って私の中で異常にアレルギー反応起こしてたけど違ったんだ

君は、君は、、、変わってなかったんだね、颯くん。

本当に心配をかける息子だよ


君のツイートを見るたびそれはそれは今までの颯くんとなんら変わりがなくて、愛が溢れた

こんな幸せって存在するんだ!?って思っちゃった


全国のジャニヲタさぁーーーーーーーん!!!
聞こえますかぁーーーーーー!?!?

この世の中には自担がツイートをする時代があるんですよ〜〜〜〜!!!!!



今ではだいぶ慣れたけど彼がツイートし始めて2日3日はリプを送ることさえ躊躇した

「こんな下級民が颯くん(貴族)にリプなんてっ...」って感じだった

実際自分がリプをすることで颯くんに通知が行くと考えると身震いした。

「ヤバイ、自担がTwitterやってるってヤバイ」




今まではほぼ雑誌のみの情報発信だったし、SNSで彼とお近づきになれるなんて信じられないよね、普通は

タイムラグがなくなったことも不思議
颯くんがツイートした瞬間私たちに届くんだもの
しかも彼自身が打った言葉で!!!

生まれてからジャニヲタしたやったことがない私からしたら驚きの連続だった。


でも、こうやって直接颯くんに声を届けられることが今ではとっても嬉しい
前の事務所では、届いてるのかわからない手紙をひたすら送り続けることしかできなかったもんね
その手紙が彼の心の支えになってることがせめてもの願いだった


颯くん。
君は自分で夢を掴んだ
夢を叶えにやってきた


でも戦いはこれからだね
前の事務所では推されれば自然とファンの目に付くし自然とファンもついたかもしれない

でも次は違う!
今度は完全にアウェー


本当に実力でしか生き残れない世界にやってきたね
だけど颯くんならどんな場所へも行けると思ってるよ

諦めない心
信じる心
諦めない心

この心を忘れずにこれからも頑張ろうね!!